Blog

ブログ

モデルルーム・スタジオ。。。着々と②

モデルルーム・スタジオ

キッチンカウンターの取付も完了し、さて、お次の作業は?

 

前回までのお話し >モデルルーム・スタジオ

 

 

なんだか、わけ分からないものが運び込まれていますが。。。実はこれ、キッチンのフレームです。最初は、メーカーさんのキッチンを取り付けようかと思ったのですが、ここはWoodyのモデルという事で、オリジナルで製作することに。

 

鉄骨のフレームに、ブラックの塗装を施して、

 

 

こんな感じで、据え付けました。

 

 

反対側から見ると、こんな感じです。キッチンの天板は、調理などの際に、なるべく平坦な方が良かったので、ロイヤルオークの集成材を採用しました。日本の材種で言えば、ゴムの木にあたるそうです。結構堅いので、キズもつきにくいですね。

 

 

ある程度木工事が完了し、8月の初旬には、塗装工事がはじまりました。塗装工事は、何回かに分けて行うわけですが、この日はカウンターの腰壁を、ダメージ塗装仕上げで塗ってもらいました。

 

うん。。。なかなかいい感じです。

 

そんでお次は。。。

 

 

貝灰漆喰を塗るための、下地づくりです。既存のクロスを剥いでから、例のごとく、

 

 

こちら、アクドメールを塗布しました。貝灰漆喰はアルカリ性で、とても敏感なので、化学物質的なものに触れると、すぐに黒ずんでしまいます。なので、やさしく保護してあげないといけないのです。

 

さて次は、いよいよ左官工事がはじまります。

 

-つづく-